魚群探知機で魚群をキャッチ【特殊機械が支える現場を知り隊】

流量計によって計測する

男性

液体又は気体等の移動と流量を測定する流量計

液体、気体、蒸気およびスラリー等流体の種類も多い。この流体の種類の応じて、また、流量計の種類も非常に多い。測定対象の流体が決まれば、それに適合する流量計も選定でき、測定精度もおのずと決まってくる。体積流量の監視、警報制御は、流量計の一般的な使用法である。表示される流量は瞬時流量で流量精度を上げる必要もない。この瞬時流量は、常に流量が変動しており平滑な制御は難しい。流量制御する場合、制御弁を常に作動させる必要があり、摺動部の稼働でシール摩耗が故障の原因になる。流量計のよる質量測定は、体積流量から換算して計測される。ガソリンや水道、反応タンクへの原料供給量など、高精度の計測が要求される場合には積算型流量計が必要となる。

製品の種類と適合性について

測定量と測定目的によって、適正な型式を選定する必要がある。体積流量計の監視・警報、制御を行う場合、差圧式電磁式面積式超音波式羽車式等がある。それぞれの方式に特徴があり、液体計測にはいずれの方式も適用可能である。気体、蒸気の計測には差圧式、面積式超音波式が適用される。その他、液体や気体等の質量流量を直接計測する場合、また、体積流量の積算、流速の監視、警報には、容積式、タービン式ピトー管式といった流量計が適用されている。流量計には、電源を必要とするものがあり、流量等の制御を行う場合や記録する場合には出力信号をを取り出す必要がある。設置場所を考慮する必要がある。更に、定期的な保守管理、点検を必要とする製品については、流量計の特性を十分把握する必要がある。